skip to Main Content

リードインベスターとは、どんな存在か?

「リードインベスター」 は、スタートアップ業界で最も誤解されている概念の1つです。 「X社とY社が投資に興味を持ってくれていますが、リードインベスターが必要です」と私たちに相談してくるファウンダーは多くいます。それがどういう意味かと尋ねると、ファウンダー自身、実はよくわかっていないと告白することが多いのです。

そうなってしまう理由は、「リードインベスター」という言葉の定義が割と曖昧だからでしょう。「リードインベスター」の特徴はいくつかありますが、すべてのケースにあてはまる共通の特徴は1つしかありません。それは、ファウンダーと協力してラウンドの条件(価格、ダウンサイドプロテクション、ガバナンスなど)を決めるのがリードインベスターということです。共通する特徴はそれだけです。下記にリードインベスターの他の特徴を挙げますが、これらは企業や状況によって異なってきます。

リードインベスターは多くの場合、ラウンドにおける最大の出資者になります

リードインベスターは自社だけで出資する場合もあれば、出資する割合が70%だったり、50%だったりする場合もあります。たった30%しか出資しないこともあります。これは状況によります。シードステージでは50%以上出資することが多いですが、ラウンドの規模が大きい場合、30%まで出資割合が下がることもあるのです。それでもリードインベスターがラウンドで一番多くコミットしている場合がほとんどですが、必ずしもそうであるとは限りません。

例えば、日本ではスタートアップへの投資額の多くが事業会社から来ています。戦略投資を行う事業会社は、ラウンドに多くコミットする場合でも、ラウンドの条件を決めたくないと思うことがあります。その部分に関してはプロの投資家に任せたい(つまり、リードインベスターに任せたい)と考える場合があるのです。

リードインベスターはラウンドをまとめるサポートをします

リードインベスターに共通するもう1つの特徴は、ラウンドをまとめる役割を担うというものです。ほとんどの場合、リードインベスターは「当社はこのスタートアップの成功を信じていて、他の投資家がなんと言おうと投資します」と最初に名乗り出る投資家です。彼らは、その結論に到達するために、自社でデューデリジェンスを行います。

より多くの資金を調達したい場合、リードインベスターはフォローオン投資家にラウンドに参加するよう説得します。ここではリードインベスターのブランド力と評判が鍵となります。フォローオン投資家は、リードインベスターの評判に大きな影響を受けます。ですから、どこをリードインベスターにするかが資金調達の見通しを大きく左右すると言えるでしょう。リードインベスターの「ハロー効果」は、次のラウンドでも効力を発揮する傾向にあります。

おおよその条件が決まると、リードインベスターは資金調達のための書類を作成したり、ラウンドを完了するのに必要な事務作業のサポートをします。

リード投資家は多くの場合、スタートアップが次のラウンドに進むために一番手を貸す存在になります

必ずというわけではありませんが、ほとんどの場合で、リードインベスターは次のラウンドに進むまで、あなたのスタートアップに最も関わるようになります。リードインベスターが取締役会のメンバーになることもあります。リードインベスターは週次や月次、あるいは四半期ごとにあなたの会社の進捗について話をし、あなたの役に立とうとします。ファウンダーが投資家と検討すべき議題がある場合、真っ先にリードインベスターに連絡し、彼らが他の投資家たち(他の投資家がいる場合)との調整を手伝ってくれるのが理想的です。

次の資金調達ラウンドの時期が来たら、リードインベスターが実施に深く関わるのが理想です。リードインベスターは、スタートアップにとって最も密接に協力する相手となるので、よく考えて選びましょう。リードインベスターのブランド力は重要ですが、相性も大事です。事業の調子が良いときも悪いときも、一緒にやっていける相手かどうか考えてみてください。


投資家やスタートアップ、状況は、それぞれ違います。ですからリードインベスターの特徴もいろいろです。とはいえ、上記が主な共通点です。

Coral Capitalは、シリーズA以前のラウンドではたいていリードインベスターを務めます。多くの場合、調達ラウンドの50%から100%を出資します。額としては3000万円から1億円の間です。次のラウンドでは最大5億円を出資します。ときには、SmartHRで行ったように、私たちが投資してきた最も優良なレイターステージの会社に対し、10億円以上の額を出資するための専用ファンドを組成することもあります。リードインベスターをお探しの方は、お気軽にご連絡ください

エクイティファイナンスシードファイナンスベンチャーキャピタル
James Riney

James Riney

Founding Partner & CEO @ Coral Capital

Coral Insightsに登録しませんか?

Coral Insightsのメーリングリストにご登録いただくと、Coral Capitalメンバーによる国内外のスタートアップ業界の最新動向に関するブログや、特別イベントの情報等について、定期的にお送りさせていただきます。ぜひ、ご登録ください!

Back To Top