skip to Main Content

戦略的に、
未来へ

戦略的に、未来へ

私たちCoral Capitalは、大志を抱くスマートな人々を育むサンゴ礁のような存在を目指します。こうした人々が、業界、社会の変革者として、真に世界を変えてくれると信じています。

Read our manifesto →

戦略的に、未来へ

私たちCoral Capitalは、大志を抱くスマートな人々を育むサンゴ礁のような存在を目指します。こうした人々が、業界、社会の変革者として、真に世界を変えてくれると信じています。

Read our manifesto →

500 Startups Japan is now Coral Capital

Coral Capital(コーラル・キャピタル)は、500 Startups Japanの創業チームによって新たに立ち上げられました。この3年間、私たちは世界各地の500 Startupsのファミリーと共にVCとしてシリコンバレーのノウハウを日本の起業家に提供してきました。そしてこの度、Coral Capitalという新ブランドとして、新たな挑戦を始めます。詳しくはこちら→

Coral Capital(コーラルキャピタル)は、500 Startups Japanの創業チームによって新たに立ち上げられました。この3年間、私たちは世界各地の500 Startupsのファミリーと共にVCとしてシリコンバレーのノウハウを日本の起業家に提供してきました。そしてこの度、Coral Capitalという新ブランドとして、新たな挑戦を始めます。詳しくはこちら→

We provide the capital start, and the resources to get ahead.

起業家をスケーラブルにサポートするためのプラットフォームを構築してきました

Fundraising

500社以上の投資家との関係をデータベースで管理し、投資先がいつでもアクセスできるように維持しています。次の資金調達のタイミングで、誰にどのようにアプローチすべきかを指導します。SmartHRのシリーズBではSPV(15億円のターゲットファンド)を組成するという特別な支援も行いました。

Recruiting

スタートアップでのキャリアに興味がある優秀層を集めた国内最大級コミュニティ “Coral Community” を構築し、勉強会、採用イベント、カジュアル面談などを通じて、投資先が必要とする人材を繋ぎます。採用手法に関するアドバイスも行なっています。
詳しくはこちら→

Public Relations

Coralとして各報道機関の記者と関係づくりを行い、投資先がメディアで取り上げられるよう支援しています。国内メディア及び、Bloomberg、CNBCなどの海外メディアにも取り上げてもらってます。創業初期からの広報支援により、投資先の採用、営業、資金調達に貢献します。

Community

日本で最もアクティブな投資先スタートアップコミュニティ “Coral Family”を創っています。資金調達、経営、採用、開発など様々な領域の勉強会、BBQや鍋会、オンラインコミュニティなどでのナレッジ共有を通じてお互いを高め合うことで、投資先スタートアップは強いアドバンテージを持って事業を進めることができます。

What our founders say

VCに求めることの一つに、次ラウンドの資金調達のサポートがあります。SmartHRのシリーズBは、Jamesと澤山さんからの提案により、SPV(Special Purpose Vehicle)というSmartHRに出資する専用のファンドをつくるという国内のベンチャー投資ではほぼ事例がないスキームにチャレンジしました。我々を信じてくれて、バリュエーションの決定もまかせてくれました。彼らは5年後、日本を代表する大物VCになっていると思います。

–  SmartHR 代表取締役CEO 宮田昇始

グローバル市場に売るサービスを作るためにはチームもグローバルでなくてはいけないと思っていましたが、実現するのは簡単ではありません。しかしJamesと澤山さんは、私たちがまだ創業者を含め4人の小さなチームであった時から、グローバル人材の採用の重要性を語られ、実際に特A級の候補者を何人も紹介していただきました。最初は現状のチームに対して過分な人材の採用になってしまうのではと感じたこともありましたが、初期のメンバーこそグローバルな人材でなくてはならないという彼らの考えは正しかったと今は思います。現在は社員の3分の1を日本人以外が占め、開発と海外のパートナーとの交渉に奔走しています。

Infostellar 代表取締役CEO 倉原 直美

スタートアップにとって、最も重要であり苦労することは、①採用と②資金調達ですが、彼らはこの2つについて、日本一のサポートをしてくれました。 ①採用については、彼らには「投資先の採用のための」採用担当がいて、何百人もの採用候補者を紹介してくれます。 私達も、彼らの紹介のおかげで、何人もの素晴らしい人を採用することができました。 ②資金調達についても、シリーズAの出資者のほとんどは、Jamesが紹介してくれた方でした。 彼のおかげで、シリーズAの調達活動開始から1ヶ月ほどで、調達のほとんどが完了し、調達活動の労力を最小限にすることができました。 彼らにシード出資してもらって本当に良かったと心から思います。

Holmes 代表取締役CEO 笹原健太

初めて起業した僕にとって、支えとなったのは起業家同士の学びでした。500 Startups (現Coral Capital)は素晴らしい投資先を集め、そのコミュニティ強化にどのVCよりも熱く取り組んでいます。空はまだまだ小さい企業ですが、起業家コミュニティから多くを学び、自分たちらしい戦略や組織文化を構築することができました。次は僕たちの学びをCoral Familyに惜しみなく還元して、ともに切磋琢磨していきたいと心から思っています。

Jamesや澤山さんは数いる投資家の中でも特にファウンダーに対して大切な家族や友人のように接してくれます。当然投資家としての厳しい指摘を受けることもありますが、落ち込んでいる時には「大丈夫、必ず成功すると思っているよ」と背中を押してくれるような人たちです。またプレシリーズAでの追加出資は「xxxx万円追加するよ!」とすぐにメッセージが飛んできました。友人としても投資家としても、これからまだまだ続く挑戦の道を一緒に歩めたら嬉しいと思っています。

CEOとして、資金調達と人材採用は再優先事項です。 JamesとYoheiは、私たちや他の起業家から、人材採用がスタートアップにとって最も重要かつ難しい課題とのフィードバックを受け、迅速にサポートしてくれました。Zehitomoオフィスで採用動画を撮影したり、キャリアフェアを開催したり、そしてなんとフルタイムの採用支援担当まで雇用したのです!結果として、私たちのフルタイムメンバーの4分の1は500 Japan (現Coral Capital)からの紹介です。もちろん一切コストはかかっていません。他の起業家から良い投資家を選ぶ上で何が重要かと聞かれたら、出資金以外だと、x% 以上速く成長することに x% エクイティを渡すことで貢献すると信じられるようなパートナーを選ぶ必要があると伝えています。スタートアップとして、私たちのエクイティは私たちが最も速く動けるように助けてくれる人に持ってもらいたいと考えています。そしてそれこそがJamesとYoheiからの投資を優先した理由です。

Partners

It’s never too early, but it could be too late.

私たちは、シリーズA以前であれば、エンジェル、プレシード、シード、またはポストシードとステージを問わず5000万円まで投資します。 もしまだ資金調達する準備ができていないと思っていたり、アイディアをブレストしている段階でも、気軽にコンタクトをとって下さい。

資金調達以外のお問い合わせについては、こちら→

Coral Insightsに登録しませんか?

Coral Insightsのメーリングリストにご登録いただくと、Coral Capitalメンバーによる国内外のスタートアップ業界の最新動向に関するブログや、特別イベントの情報等について、定期的にお送りさせていただきます。ぜひ、ご登録ください!

Back To Top