skip to Main Content

コロナ後も自転車ブームが続きそうなワケ

新型コロナウイルスによって世界の日常が一変してしまって以来、そんなパンデミックの中での生活を少しでも快適にするために、私は様々なアイテムを購入しました。自宅で食事をすることが多くなったので、新しい電子レンジとコーヒーメーカーを買いました。リモートワークが増えたので、安定したインターネット接続環境のためにLANケーブルを購入し、簡素な部屋に華を添えるために観葉植物を増やしました。ジムはクラスター発生の可能性があるので解約し、代わりにダンベルを2つと自転車を買いました。

これらのアイテムは、どれももはやニューノーマルに欠かせない生活の一部となっています。中でも、自転車が最も有益な買い物でした。運動になる上に、公共交通機関をほとんど使わずに済むからです。また、海外旅行が規制されているため、仕方なく身近な場所を自転車で散策するようになりましたが、そのおかげで電車では辿り着けないような新しい場所を東京の中で発見することができました。

そしてどうやら、このように感じているのは私だけではないようです。新型コロナウイルスの感染者数が世界中で爆発的に増え続ける中、自転車の売上も急増しています。「bicycle sales COVID-19」でグーグル検索をすれば、売上が増加しているという世界中からのニュースが表示されるはずです。一部では在庫切れも発生していて、トイレットペーパーで起こった現象が、今度は自転車で起こっているようです。

自転車の世界全体の市場規模は5兆4,000億円で、去年は6.9%の成長を見せましたが、今年はこの新しい需要の効果で、一部のロードバイクでは35%もの市場拡大が予想されています。自転車部品で世界シェア70〜80%を誇るシマノも、パンデミックが始まって以来、時価総額が日産やJR西日本を上回るまで増加しています。

また、自転車業界のこの追い風は、非常に面白いタイミングでやってきました。世界が新型コロナウイルスに脅かされるようになる前から、自動車業界と同様に、自転車業界ではある変化が起こり始めていました。リチウムイオン電池の技術の進歩や、価格や出力の改善により、より多くの人々が電動自転車を現実的な交通手段として使えるようになってきているのです。ほとんどの人にとって、自転車は運動ではなく主に移動のための手段です。電動自転車なら圧倒的に楽に漕ぐことができるので、真夏でも汗だくにならずに移動できます。

Deloitteの以前の予想では、2023年までに1,000万台弱のEV車が流通するようになる一方で、電動自転車の流通量は3億台に増加すると推測されていました。コロナ禍が始まったことで、さらに早くこの大台を達成できるかもしれません。問題は、パンデミックが収束した後も、交通手段としての自転車のシェアが伸び続けるかどうかという点です。ここ数十年で、自転車は電車やバス、クルマなどの他の交通手段に追い抜かれてきました。しかし、それは電動自転車が普及する前の話です。電動自転車に乗り始め、その快適さを知ってしまったら、果たして人々はそれのない生活に戻りたいと思うでしょうか?

電動自転車のスタートアップのCowboyVanMoofAngellが最近まとまった金額の資金調達について発表したことからわかるように、一部のグローバル投資家は「戻らない」と考えているようです。私自身は、パンデミックが収束しても自転車に乗り続けるつもりですが、運動のためにも電動自転車はまだしばらくは買わない予定です。

追記:日本の道路交通法には電動自転車による補助の上限が決められており、時速10kmを超えると徐々に補助力が弱まり、時速24km以上で電気が切れる構造になっています。このため日本では「電動アシスト自転車」と呼ばれ、「電動自転車」の市場と事情が異なるところがあります。

コロナベンチャー投資
James Riney

James Riney

Founding Partner & CEO @ Coral Capital

Coral Insightsに登録しませんか?

Coral Insightsのメーリングリストにご登録いただくと、Coral Capitalメンバーによる国内外のスタートアップ業界の最新動向に関するブログや、特別イベントの情報等について、定期的にお送りさせていただきます。ぜひ、ご登録ください!

Related Articles

カテゴリー

New call-to-action
Back To Top