非公開企業のセカンダリー市場

本ブログはニューヨークのベンチャーキャピタルUnion Square Venturesでパートナーを務める、Fred Wilson(フレッド・ウィルソン)氏のブログ「AVC」の投稿、「Secondary Markets」を翻訳したものです。Fred Wilson氏による過去の翻訳記事の一覧は、こちら


多くの場合、クリエイターや発行者から何かを購入する市場を「プライマリー市場」と呼びます。そして、購入したものを他の誰かに販売する市場を「セカンダリー市場」と呼びます。私は創業間もない会社から株式を購入し、売却やIPOまで何年も保有するという、プライマリー市場に関わる仕事をしてきました。長年に渡り、私はこの市場の恩恵を受けてきましたが、近年、非公開企業の株式を取り引きするセカンダリー市場が活発になっています。これは良い傾向であると思います。ほとんどの場合、もしかするとどのような場合でも、流動性がないよりあった方が良いと思うからです。

昨日、来週マディソン・スクエア・ガーデンで行われるニューヨーク・ニックス対ゴールデンステート・ウォリアーズのチケットを購入したときに、このことについて思い出しました。シーズンチケットを購入している私は先行販売の機会を利用して、約1年ぶりに観客を入れて行われるマディソン・スクエア・ガーデンでのニックスの試合のチケットを2,000席あるうちの2席分、買うことができました。

観戦するには試合開始の72時間以内にPCR検査を受け陰性を証明するなど、厳重ですが、適切な感染症対策の条件をいくつか満たす必要があります。昨夜、息子とその条件について話し合った結果、都合がつかないと判断し、チケットはStubHubに出品することにしました。チケットは定価より高く売ることもできたし、そうすべきだったのかもしれませんが、私は払った分を取り戻せればそれで良かったので定価で出品しました。チケットは数分で売れ、私は支払った額を取り戻すことができました。

チケットを購入したとき、二次販売できることは知っていました。シーズンチケットを持つ人は他の人が買えない早い段階でチケットを買えますが、早く動かないと買えません。二次販売できるとわかっていたからこそ、リスクをあまり感じずに、自信を持って早めにチケットを買うことができました。

これはセカンダリー市場の流動性の高さが、いかに取引のリスクを減らし、人々の市場に対する信頼と信用を高めるているかを示す一例です。

スタートアップの株式に話を戻すと、今後もセカンダリー市場におけるスタートアップの株式の流動性は高まると思います。私たちの投資先であるCartaは「CartaX」という、まさにこのための市場を最近立ち上げました。CartaXはスタートアップの創業者や従業員、投資家にとって、セカンダリー市場の流動性を高める重要なサービスになると思います。スタートアップに投資する人たちの時間と資金に関わるリスクを軽減することで、スタートアップ業界により多くの人材と資金が集まるようになるでしょう。

それは良いことだと思います。

(Fred Wilson氏による記事の翻訳一覧はこちら

+ posts

Editorial Team / 編集部

Coral Capital

Editorial Team / 編集部

Coral Insightsに登録しませんか?

Coral Insightsのメーリングリストにご登録いただくと、Coral Capitalメンバーによる国内外のスタートアップ業界の最新動向に関するブログや、特別イベントの情報等について、定期的にお送りさせていただきます。ぜひ、ご登録ください!
Load More
New call-to-action