skip to Main Content

Coral Capitalのスローガン「戦略的に、未来へ」を見つけた方法

Coral Capitalの立ち上げを発表する前に、自分たちが誰なのか、何を目指しているのか、そしてその2つをどう表現すべきなのか、ということをチームでじっくり考えました。自分たちをどう定義すべきなのか、チーム全員がなんとなくはわかっていましたが、まだまだ言語化できていませんでした。Coral Capitalとして新たなブランドを立ち上げた以上、言葉で具体的に表現することは必要不可欠でした。ゼロから新ブランドを立ち上げるのですから。そして、皆様に私たちを理解していただくには、先ずは自分たちでその問いを解決しなければなりませんでした。

最初に取り組んだのは、 Coral Capital のマニフェストを作成することでした。このマニフェストは、以前投稿したブログや自分たちの信念を集結した少し長めの文章です。私たちをパートナーとしてご検討いただくときに、起業家が、私たちの仕事のスタイルや考え方を知るきっかけとなるよう、自分たちの考え方を深く掘り下げた内容となっています。

次に取り組んだのは、私たちの価値観や強みを洗い出し、それらを表現する適切なメッセージングを考えるために、社外の専門家に相談することでした。これを実現するために、GOのご協力を仰ぎました。まずは、メンバーの各々がミッション、戦略、強み、行動指針の案をまとめて、三浦さんに個別に送りました。このおかげで、それぞれが他人のバイアスなしに自身で案を考えて表現する機会を得られました。三浦 崇宏さんはその後、私たちの提出した案に基づいて、スローガンを考えてくださいました。この一連の取組みの後で、私たちにシェアしてくださった結果が次の通りです。

チームでそれぞれが考えた、Coral Capitalのミッション・事業・強み・行動規範







三浦さんが見つけた共通のテーマは次のものでした。

  • インパクト主義
  • プロフェッショナリズムとコミュニティ
  • 現実的かつ誠実

そして、これらに基づいて提案してくださったのが、以下のスローガン案でした。

  • 戦略的に、未来へ
  • 可能性を加速する
  • 徹底的に、未来へ。
  • 未来の戦略パートナー
  • イノベーションにも、戦略を。
  • 可能性のパートナー
  • その未来をカタチに。
  • 未来を、いまスタートする。
  • ありえない未来を、現実に。

その中でも、三浦さんの一番のお勧めは「戦略的に、未来へ」でした。これは偶然にも、Coralのチームメンバーが直感的に選んだスローガンと同じでした。「戦略的に、未来へ」は、私たちが一緒に働きたいと思う起業家のタイプと、私たちの投資へのアプローチを端的に表現しています。私たちは、壮大なアイディアを実現しようとするスマートな起業家を支援し、社会に持続的なインパクトを与え変革をもたらすようなアイディアを戦略的に選びたいと考えています。そして、このような企業は、たった1人では築くことができませんし、1日で築くこともできません。未来はどうあるべきか、長期的なビジョンの実現に集中できる献身的なグループが必要です。私たちCoral Capitalの存在意義は、自分たちの望む方向に世界を変えようとする人々を支援することです。

「戦略的に、未来へ」を一緒に歩みたい方は、ぜひご連絡ください!

追伸:募集中です!

ブランディング企業文化の構築

James Riney

Founding Partner & CEO @ Coral Capital

Coral Insightsに登録しませんか?

Coral Insightsのメーリングリストにご登録いただくと、Coral Capitalメンバーによる国内外のスタートアップ業界の最新動向に関するブログや、特別イベントの情報等について、定期的にお送りさせていただきます。ぜひ、ご登録ください!

Latest Posts

Back To Top
Bitnami