skip to Main Content

VP of FinanceとCFOは似て非なるもの

本ブログはニューヨークのベンチャーキャピタルUnion Square Venturesでパートナーを務める、Fred Wilson(フレッド・ウィルソン)氏のブログ「AVC」の投稿、「VP of Finance vs CFO」を翻訳したものです。

今日のMBA Mondaysシリーズでは、組織の財務リーダーについてお話しします。財務リーダーは、時にはVP of Finance(財務担当執行役員)と呼ばれ、ときにはCFO(最高財務責任者)と呼ばれますが、その違いは何なのでしょうか? VP of Financeは、どういうときにそう呼ばれるのでしょうか?また、どういう時にCFOが必要になるのでしょうか?

あらゆる役職名がそうであるように、その違いは曖昧です。私がこれからCFOの資質と説明するものを持ち合わせない人が、VP of FinanceからCFOに昇進するかもしれません。それは、よくあることです。しかし、あなたの会社が本当にCFOを必要としていて、かつVP of Financeがいるとしたら、その違いが分かるでしょう。

VP of Financeは、財務部門を継続的に機能させておくリーダーが欲しいときに必要な人で、しかるべき財務統制が機能しているようにしたり、帳簿、記録、報告が正確で時宜を得ており、かつ整っているようにしたり、財務部門の業務遂行上、適切な数の会計士および事務スタッフがいるようにする人です。VP of Financeが見る大部分は、「何が起こったか」であり、「今現在、何が起こっているのか」はごくわずかです。

CFOというのは、あなたが上記のすべてを有していて、さらに、あなたの側近として働く未来志向の財務担当が必要なとき、財務機能における深い戦略思考がいるとき、大型の取引(M&Aおよび資金調達)が必要なとき、投資家(特に一般投資家)との関係を管理する人が要るときに、会社に必要となる人です。CFOの仕事の大部分は、「これから何が起きるのか、そして、それをどうやって達成するのか?」ということなのです。

私は、通常、企業に対してCFOを連れてくるのはできるだけ先に延ばすように推めています。優れたCFOはごくまれです。そして、そういう人を採用するためには、興味を引きつけるビジネスと、十分活躍できるだけの役割の用意が必要です。VP of Financeの人材はCFOより層が厚く、あなたの成功を充分に助けることができます。VP of Financeを雇う余裕ができたら、すぐに雇い入れましょう。VP of Financeは、あなたが夜、眠れるようにしてくれるでしょう。世界を相手に勝負する準備ができたら、CFOを入れましょう。側近に強力なCFOがいなければ世界を相手に勝負することはできません。

(訳注:日本でVP of Financeを置いている企業は現状ほとんどありません。一方、技術系リーダーのほうはメルカリの例のように、CTO以外にVP of Engineeringを置くことが増えています。日本でも、いずれVP of Financeも増えるかもしれません。関連記事として「CTOとVPoE(VP or Engineering)の違い」もご覧ください)

AVCCFOエクイティファイナンス

Coral Insightsに登録しませんか?

Coral Insightsのメーリングリストにご登録いただくと、Coral Capitalメンバーによる国内外のスタートアップ業界の最新動向に関するブログや、特別イベントの情報等について、定期的にお送りさせていただきます。ぜひ、ご登録ください!

Latest Posts

Library

Back To Top