skip to Main Content

製造業の原価計算をセンサーで自動化する「GenKan」のピッチ動画

FactoryTech(工場×テクノロジー)領域で活躍する、投資先スタートアップの株式会社KOSKA 代表取締役 曽根 健一朗氏のピッチ動画(約10分)をお届けします。株式会社KOSKAは、工場の原価管理における取得・計算・分析を自動化し、IoTデータを活用した原価管理ソリューション「GenKan」を提供しています。2019年3月にβ版をリリースし、武州工業様、三幸電機様をはじめとする製造業数十社に導入されています。

■出演者プロフィール

曽根 健一朗・・・株式会社KOSKA 代表取締役
一橋大学商学部管理会計専攻から一橋大学博士課程(管理会計専攻)に進学。在学中。独学でフリーランスエンジニアとして様々なスタートアップで働いていたこともあり、原価計算研究学会の「IoTコストフォーラム」に参加。武州工業株式会社、丸和電子化学株式会社などの現場に通いつめIoTデータを利用した原価管理の実証実験を2年間行い、GenKanのα版を作成、COO 樋口、CTO 大森、CPO 森山と2018年10月に株式会社KOSKAを共同創業。


■関連記事
伸びる工場業務効率化「FactoryTech」のトレンドと注目スタートアップ4社

【エンジニア出身起業家にインタビュー】製造業の原価計算を自動化するKOSKA曽根健一郎氏

FactoryTechKOSKA動画

Coral Insightsに登録しませんか?

Coral Insightsのメーリングリストにご登録いただくと、Coral Capitalメンバーによる国内外のスタートアップ業界の最新動向に関するブログや、特別イベントの情報等について、定期的にお送りさせていただきます。ぜひ、ご登録ください!

Latest Posts

Back To Top