コロナ禍で伸びる旅行系スタートアップ「Sherpa」とは?

Coral Capitalでは、常にグローバル視点で最新のスタートアップ機会を把握するように心がけています。また、不定期ですが、それらの機会をディスカッション形式で紹介する取り組みも行っています。

つい最近では、Sherpaというスタートアップに個人的に非常に興味を惹かれました。Sherpaは渡航規制についての最新情報を提供するスタートアップで、ビザやパスポート、隔離期間、新型コロナウイルス検査などの情報をまとめています。それらの情報をAPIと埋め込み用スニペットを介して旅行会社に提供することで、エンドユーザーが最新かつ信頼できる情報を渡航前に入手できるようになるのです。また、SherpaのプラットフォームではeVisaやeTAの申請や支払いも可能で、健康状態のオンライン自己申告制度(eHealth Declaration)にも対応しています。

渡航規制というと、このブログを読んでいる読者の方々も、コロナ禍になるまではあまり気にしていなかった人のほうが多いのではないでしょうか。なにしろ、以前は日本のパスポートさえ持っていれば(もしくは、私のように米国パスポートでも)、ほとんどの国で入国時に容易にビザが取得できたのです。私自身も、友人の結婚式に参列するためにベトナムに行ったことがあるのですが、事前にビザを申請する必要があるかどうか調べようとすらしませんでした。結局、チェックインカウンターの担当者が親切に教えてくれたことでやっと気づき、慌てふためきながらオンラインでビザのエクスプレス申請手続きを行ったことを覚えています。財布は痛みましたが、ビザは取得できました。

このように他国に簡単に入国できると思い込んでいたのは、私がパスポートの信用度が高い国に生まれたからであり、同時に、過去何十年にもわたるグローバル化によって生じた意識の変化によるものだとも言えます。

しかし、世界の多くの国の人たちは、日本や米国のような強力なパスポートを持っていません。彼らにとっての「常識」はむしろ真逆であり、事前にビザを申請しなければならない可能性を考慮することのほうが当たり前なのです。しかも、申請方法が複雑で、渡航先やビザの種類による手続きの違いもわかりにくいことが多く、渡航における1つの壁になっています。

コロナ禍はこの複雑な状況をさらに悪化させ、世界中の人たちを巻き込みました。多くの国の間で入国規制がかかっただけではなく、渡航可能な国であっても、日々変わり続ける膨大な数の入国条件を満たさなければならなくなったのです。

旅行会社からしてみれば、このように入国規制が変動し続ける中、各顧客の状況に合わせて全てに対応するのはあまりにも困難です。お金を払うだけで誰かに代行してもらえるなら、そうしたいと考える企業は多いでしょう。実際、そうしたニーズを取り込んだおかげで、Sherpaは創業間もないスタートアップにもかかわず、すでにAmerican AirlinesやExpedia、TripActions、Icelandairなどの大手企業を顧客として獲得できています。旅行需要の回復はこれらの旅行会社にとって文字通り死活問題なので、コロナ後の世界で渡航する際の障壁をなんとかして取り除かなければならないのです。

ワクチンの普及が進み、ようやく明るい兆しが見え始めましたが、新型コロナウイルスを克服した後も渡航規制の多くは当面の間、解除されずに残るだろうと私は予測しています。パンデミックの傷跡はこの先何年も私たちの生活に影響し続け、渡航における煩雑な手続きも同様に定着することになりそうです。しかし、Sherpaのようなスタートアップがそうした渡航時の障壁を減らし、私たちが次のパンデミックに備えつつグローバル化を継続するための支えとなってくれるでしょう。

James Riney

Founding Partner & CEO @ Coral Capital

Coral Insightsに登録しませんか?

Coral Insightsのメーリングリストにご登録いただくと、Coral Capitalメンバーによる国内外のスタートアップ業界の最新動向に関するブログや、特別イベントの情報等について、定期的にお送りさせていただきます。ぜひ、ご登録ください!
Load More
New call-to-action