skip to Main Content

リーガルテックスタートアップのHolmesを図解してみた

こんにちは。Coral Capitalで投資先スタートアップの採用支援をしている津田遼です。

今回は私たちの投資先で、契約マネジメントシステムHolmesを提供している株式会社Holmesの代表取締役CEO笹原健太さんに、ビジネスモデルや創業秘話、差別化ポイントについて伺ったので、ノート形式でまとめてみました。

解説項目は以下:

  1. ビジネスモデル
  2. 創業背景
  3. 会社概要
  4. 差別化ポイント(なぜ勝てるか?)
  5. Coral Capitalによる評価ポイント
  6. 今後の会社のビジョン
  7. 募集ポジション
  8. オフィス等の様子
  9. 関連リンク

1.ビジネスモデル

煩雑で時間や手間が掛かっていた契約書の作成・承認・締結・管理をクラウド化し、関連情報含めシームレスに検索や利用ができる「契約のデジタルワークスペース」を作ることで、契約関連業務の最適化を実現するサービスを開発運営している。

2.創業背景

  • 代表の笹原氏は2010年から弁護士として、紛争裁判を無くそうと予防法務などに日々奮闘していた。
  • しかし、弁護士としてのアプローチは労働集約的であり、より日本中に広くスケールする形で影響を及ぼしたいとの想いから、新しい仕組み(サービス)を作る形で問題に切り込みたいと考えた。
  • 最初は弁護士を続けながらサービス(Holmes)を一人で考え、現CTO(当時は他社勤務)の花井氏に開発を外注していたが、日経新聞にその取り組みが掲載され、それを見た500 Startups Japan(現Coral Capital)からの投資が決まったことをきっかけに、Holmesに専念することを決意。

3.会社概要

  • 創業年:2017年
  • 組織規模:1年前=4名、現在(2019.5)=40名、1年後=100名予定(業務委託やインターンを含む)
  • 課金顧客数:約200社(売上比では大企業が約半数。具体的な導入企業としては、三菱地所様、高島屋様、石井食品様、モンテローザ様、ガンホー様など)

4.差別化ポイント(なぜ勝てるか?)

(1)事業面

  • Holmesはクライアント企業の業界・規模・業務に応じた適切な契約プロセスの【パターンオーダー】ができる。
  • 契約の「締結」時だけではなく、「作成」「承認」「締結」「管理」という契約に関連する全てのプロセスを一貫してサポートし、部署間を跨いだ連携もしやすくすることで、契約関連業務を効率化し、企業の生産性を高めることができる。

(2)組織面

  • 【業界知見と営業力】:代表の笹原氏はじめ、弁護士や法律業務に知見が深い社員が多く、クライアント企業における契約業務の課題をロジカルに分析して中長期的かつ本質的な対策を考えた上で、顧客の課題解決のためのソリューション営業ができる。
  • 【開発力】:CTO花井氏が元開発会社代表で、大手企業の大規模システム開発をマネジメントしていた経験から、開発ラインの管理・構築に非常に秀でており、顧客の課題解決のためにユーザーの声を反映させた高付加価値な機能開発に向かってスピーディーに動ける強い開発体制がある。

5.Coral CapitalによるHolmes評価ポイント

  • 代表笹原氏(弁護士出身)をはじめ、経営陣の企業法務への理解が深いので、ペインポイントを理解したサービスを作れる(Founder Market Fit)。世の中に優秀な弁護士も、優秀な起業家も一定数いるが、笹原氏のように優秀かつ弁護士×起業で挑戦をしているのは非常に稀有な存在。
  • 営業力が強い(プロダクトローンチ2日間で170ユーザー確保と驚異のスピード。三菱地所様や、モンテローザ様など、レガシー業界をリードしている大手企業とも契約を締結しており、同業他社等への横展開も十分見込める)。
  • 早い開発を可能にする開発体制がある(業界、会社規模、業務等によって異なるクライアントニーズに合わせた開発を行える強い開発体制がある)。

6.今後の会社のビジョン

(1)Holmes Project Cloudのリリース
企業間連携の際には、通常複数の契約がセットで締結されたり、プロジェクトの段階に応じて異なる契約書が必要となることが多いが、現状そういった関連契約を一元的に作成・承認・締結・管理できるサービスは他にない。

”Holmes Project Cloud”では、関連する様々な契約を事業/プロジェクトの流れに沿ってひとまとめに管理することを可能にし、契約書には盛り込まれない重要情報(契約締結に至った背景や、担当者間で口頭合意した将来気をつけるべき補足ポイントなど)も合わせて管理できるようになる。

(2)パターンオーダーの拡張

  • 契約関連業務は、業界ごと、組織規模ごと、企業内の担当業務ごとに、重視するポイントやプロセスが無数に存在する(つまりニーズも無数にある)。
  • 今後は、現在あるパターンオーダーを拡充していくことで、より多くのクライアントの痒いところに届くサービスを開発していく。

7.募集ポジション

Webマーケター、インサイドセールス、フィールドセールス、カスタマーサクセス、フロントエンドエンジニア、財務経理、経営企画、人事採用 、法務など。

*2019/5/14現在。日々変わっていくので詳細はお問い合わせください。
*Holmes採用ブログはこちら

8.オフィス等の様子

9.関連リンク


Coral Communityについて
Coral Capitalでは、Holmesをはじめとしたアーリーステージスタートアップと、そこでのキャリアに興味がある方を繋ぐ “Coral Community” というコミュニティを運営しています。毎月Coralが開催するスタートアップイベントの情報や、投資先スタートアップとのカジュアル面談の機会の提供など、中長期的にスタートアップでのキャリアを検討する上で大いに役立つコミュニティになっておりますので、ご興味がある方は、ぜひ以下から詳細ご確認ください!

HolmesLegaltechSaaS

津田 遼

Talent Manager @ Coral Capital

Coral Insightsに登録しませんか?

Coral Insightsのメーリングリストにご登録いただくと、Coral Capitalメンバーによる国内外のスタートアップ業界の最新動向に関するブログや、特別イベントの情報等について、定期的にお送りさせていただきます。ぜひ、ご登録ください!

Latest Posts

Library

Back To Top