エスクロー

エスクローとは、M&A取引において補償条項に基づき、買い手が売り手を相手取り訴訟を起こすことなく、後から請求できる代金を指します。買い手は、売り手が補償金に充当するため購入対価のある割合を、通常は1年間取りのけておくことを求めます。この割合はほとんどの場合10%ですが、取引のタイプによってはそれを上回ることも下回ることもあります。